まつげに関して知っておきたい事

睫毛の役割

2017年09月01日 16時06分

【睫毛の役割】
女性の間ではまつげエクステンションや睫毛パーマ・付け睫毛など目の周辺のお洒落が流行っています。
その中心にあるのは睫毛です。
では、睫毛はどういった役割をしているのでしょうか?

 

このように質問されて、キチンと答えることができる人は少ないかもしれません。
今回は「睫毛はどういった役割をしてくれているのか?」をテーマにしてお話をしたいと思います。

 

■睫毛は女性にとって可愛く魅力的に見せるためのとっても大切なパーツ
顔の第一印象に大きく影響がある目の印象を決める大切な部分が睫毛なのです。
ですが、睫毛の役割はビジュアルではないはずです。
決して目元を魅力的に飾るためのものではないと思います。

 

■眉毛があるのは人間だけですが睫毛は……
睫毛は目の周囲にある体毛のこと。
眉毛があるのは人間だけです。
ですが睫毛は哺乳類ならば大半の動物にあります。

 

特に馬やらくだ……。
これらは睫毛がとても長い動物です。
目が印象的ですね。

 

動物の種類によって睫毛が異なります。
人間も同じで人種によって睫毛に特徴・個性があるようです。

 

■日本人の睫毛は平均すると5mmから10mm程度の長さ
これは外国人と比較すると短いです。
本数にも個人差があります。

 

上睫毛は平均すると100本程度。
下睫毛は上睫毛の半分の50本程度です。
睫毛の色は髪の毛の色と同じとは限りません。
どちらかというと髪の毛の色と比較すると、少し明るめの茶色になるのではないでしょうか?

 

■睫毛本来の働き
それは目の中に埃やゴミなどの異物を入らなくするために保護する働きです。
睫毛があるから、眼球が損傷したり細菌やウイルスの侵入を防御してくれているのです。
だから睫毛は上の方が多く生えています。
カールしているのは異物を少しでも遠ざける意味があります。

 

■目がとても敏感なのは……
それは睫毛がセンサーとして接触をシビアに感知するからです。
反射的に瞼が閉じるようにできているのです。

 

■ときどき逆さまつげになっている場合もあります。
逆向きに睫毛が生えていまっているのです。
逆さまつげの場合は、睫毛によって角膜や眼球が損傷しやすくなります。

 

また視力も低下しやすくなる理由になります。
眼科で逆さまつげの治療・処置ができます。
視力が低下してしまう前に早めに対処することをお薦めします。